メインコンテンツへスキップ
データのジレンマ:クラウド導入とリスク レポート画像

データのジレンマ:クラウド導入とリスクレポート

スカイハイセキュリティ|レポート

企業ネットワークやエンドポイントデバイス、クラウドを越えて使用、共有、保存されるデータを保護することは、今日の企業にとって重要な課題となっています。リモートワークやハイブリッドワークに対応するために、組織は、不注意にもセキュリティギャップを生じさせるようなソリューションをつなぎ合わせることに躍起になっています。

The Data Dilemma: Cloud Adoption and Risk Report(データのジレンマ:クラウドの採用とリスクレポート)」の目的は、あらゆる規模、幅広い地域、業種の企業に影響を与えるクラウドセキュリティの傾向を明らかにすることです。この調査は、世界中のIT意思決定者、ITスペシャリスト、上級ビジネス意思決定者によるクラウドサービスの利用に関する結果に基づいています。これらの企業の専門家がデータセキュリティの課題にどのように取り組んでいるのか、またなぜより優れた管理が必要なのかをご覧ください。

レポートからの主な発見

  • 75%の組織がサイバーセキュリティの侵害、脅威、および/またはデータの盗難を経験しており、侵害や攻撃による影響を阻止するために、より強力なセキュリティ管理が必要であることを示しています。
  • パブリッククラウドサービスの平均利用数は、3年間で50%増加しました。
  • 97%の組織がプライベートクラウドでセキュリティ上の課題を経験しているのに対し、2019年には82%になる。
  • 組織は、機密データの61%をクラウドに保存しています。
  • ほとんどの組織が、少なくとも1回のサイバーセキュリティ侵害(90%)、サイバーセキュリティ脅威(89%)、データの盗難(80%)を経験しています。
  • 75%の企業がシャドーITによってデータの安全性が損なわれていることを認めていますが、シャドーITを経験している企業のうち、不正なクラウド利用を監視するためにCASB(Cloud Access Security Broker)を利用している企業はわずか42%です。

クラウドトランスフォーメーションの全体像から学び、自社のセキュリティ対策を進化させるのにお役立てください。

フルレポートをご希望の方は、フォームにご記入ください。


関連無料レポートのインフォグラフィックをダウンロード

スカイハイ・データ・ジレンマ」インフォグラフィックのサムネイル
今すぐダウンロード(1.6MB)

レポートを読む