メインコンテンツへスキップ

Skyhigh Security Service Edge

どこにいるかは関係なく、あなたのデータを守ります

業界をリードするクラウドネイティブのSecurity Service Edge(SSE)ソリューションは、Web、クラウド、電子メール、プライベートアプリにまたがるワークフォースを可能にし、データを保護します。データおよび脅威の保護は、すべてのコントロールポイントで実行され、セキュリティコストの削減と管理の簡素化を実現します。

インタラクティブ・デモを試す

私たちが他より優れている点

私たちはSSEにデータファーストのアプローチをとり、ウェブ、クラウド、電子メール、プライベートアプリなど、どこからでも、どんなアプリケーションでも、どんなデバイスからでも、一貫してデータを保護します。

続きを読む

Security Service Edgeとは?

Skyhigh SSEは、Secure Web Gateway(SWG)、Cloud Access Security Broker(CASB)、Private Access(ZTNA)、Data Loss Prevention(DLP)、Remote Browser Isolation(RBI)を単一のプラットフォームである「Skyhigh Cloud Platform」に統合しています。Skyhigh SSEは、高度な脅威やクラウド対応の脅威からリアルタイムにデータを保護し、すべてのベクトル(Web、クラウド、メール、プライベートアプリ)およびユーザーにわたってデータを保護します。

高いSSEマルウェア検出率

Windows 脅威
(PE)

99.7%

業界平均:86.8

その他のすべての脅威
(非 PE)

97.8%

業界平均:90.5

フィッシング

87.7%

業界平均:77.7%

スカイハイはその製品カテゴリーでトップクラスの性能を誇り、使用されるテストケースに対して強力なプロテクションを提供する。

AV-TEST:スカイハイSSEの評価、2023年11月

全方位でのデータ保護

エンドポイント、クラウド、Webにまたがる広範なDLP、リアルタイムのコラボレーション制御、適応型リスクベースの施行(40,000以上のアプリ)、ガイド付きポリシーアドバイザーによるデータの分類/ポリシー施行/インシデント管理の統合を実現します。

製品構成図
製品構成図

拡張性の高いService Edge

ユビキタスで拡張性があるグローバルクラウドフットプリントとクラウドネイティブアーキテクチャにより、99.999%の可用性と超低遅延を実現し、賢く安全なクラウドへのダイレクトアクセスにより、非効率なトラフィックバックホールを最小化することができます。

高度な脅威保護

悪意のある行動を特定するUEBA(User and Entity Behavior Analytics)、隔離されたクラウド内にWebブラウジング活動を封じ込めるRBI(Remote Browser Isolation)、リアルタイムエミュレーションサンドボックスを備えたGAM(Gateway Anti-Malware)エンジンが採用されています。

製品構成図

Key Metrics

最も包括的で統一されたSSE

<60 Seconds to extend policies across web and cloud

40,000以上のクラウドサービス

99.999%のアップタイム

デモを依頼する

SSE製品

クラウドアクセス・セキュリティ・ブローカー

クラウドの変革と保護

セキュリティに妥協することなく、データを中心とした可視化とクラウドアプリまたぐ制御により、脅威から保護します。

CASB詳細
安全なウェブゲートウェイ

ウェブの理解と管理

ウェブやクラウドアプリケーションにアクセスする際に、最新の脅威やデータ損失から従業員を保護します。

SWG詳細
スカイハイ・セキュリティ・プライベートアクセス

データへの安全なアクセスとコントロール

リモートワークと拡散した従業員や労働環境を保護するために、管理デバイス・非管理デバイスの両方をサポートする代替VPNソリューションです。

Private Access詳細
クラウド・ネイティブ・アプリケーション保護プラットフォーム

クラウド保護のさらなる拡大

単一プラットフォームで、アプリケーションとリスクの関係性と共にワークロードとクラウドセキュリティのポスチャー管理を保護する業界初のプラットフォームです。

CNAPP詳細

プラットフォーム機能

RBI アイコンを探る

安全なWebブラウジング

サンドボックスや仮想マシンなどの隔離された環境でウェブブラウジングを行い、ユーザーが遭遇する可能性のあるマルウェアからコンピュータを保護することができます。

RBI詳細
エクスプローラーDLPアイコン

お客様データの保護

デバイス、ネットワーク、クラウドにまたがるデータを保護することで、知的財産を保護しコンプライアンスを遵守することができます。

DLP詳細
  • スカイハイセキュリティ、「2023 Gartner® Magic Quadrant™ for Security Service Edge」の「Visionary」に選出される

    レポートを読む

    スカイハイセキュリティは、SWG、CASB、ZTNAを含み、DLPを包括的に統合したSSE製品「Skyhigh Security Service Edge」の「実行能力」と「ビジョンの完全性」に基づいて評価されています。

  • 2022 ガートナー®️ Peer Insights™「Voice of the Customer」セキュリティサービス・エッジ編受賞

    レポートを読む

受賞歴

賞や表彰

  • ガートナーのロゴ

    2023 ガートナー® セキュリティ・サービス・エッジの重要な能力

    スカイハイセキュリティ、2023年ガートナー®の「セキュリティ・サービス・エッジ(SSE)の重要能力」において、4つのユースケースのうち2つで最高点を獲得

  • ガートナーのロゴ

    2023年Gartner® Magic Quadrant™ Visionary for Security Service Edgeに選出されました。

    スカイハイセキュリティは、SWG、CASB、ZTNAを含み、DLPを包括的に統合したSSE製品「Skyhigh Security Service Edge」の「実行能力」と「ビジョンの完全性」に基づいて評価されています。

  • 2022年スカイハイ・セキュリティ・カスタマーチョイス賞

    Peer Insights™ Customers` Choice 2022

    スカイハイセキュリティが「2022 Gartner® Peer Insights™ Customers' Choice for Security Service Edge」に選出

  • サイバーセキュリティ賞受賞

    Cybersecurity Excellence Awards 2022

    Skyhigh Securityは、サイバーセキュリティ部門でゴールドを獲得しました

シンプルで柔軟な製品構成

お客様のビジネスニーズに応える統合されたSSE製品スイートの数々

Essential

  • Skyhigh SWG(Cloud)
  • Skyhigh SWG(On-premise)
  • Skyhigh CASB:Shadow IT
  • Skyhigh CASB:Sanctioned
  • Endpoint Data Loss Preventinon
  • SKyhigh Private Access(ZTNA)
  • Skyhigh Cloud Firewall

Advanced

  • Skyhigh SWG(Cloud)
  • Skyhigh SWG(On-premise)
  • Skyhigh CASB:Shadow IT
  • Skyhigh CASB:Sanctioned
  • Endpoint Data Loss Preventinon
  • SKyhigh Private Access(ZTNA)
  • Skyhigh Cloud Firewall

Complete

  • Skyhigh SWG(Cloud)
  • Skyhigh SWG(On-premise)
  • Skyhigh CASB:Shadow IT
  • Skyhigh CASB:Sanctioned
  • Endpoint Data Loss Preventinon
  • SKyhigh Private Access(ZTNA)
  • Skyhigh Cloud Firewall

クラウドの安全性を確保するための次のステップ

  • 全方位でのデータ保護
  • 拡張性の高いService Edge
  • 高度な脅威保護

完全な統合プラットフォームで、全てを単一コンソールから管理します

デモを依頼する

情報リソース

関連資産